【この距離感がいい】ヒロインとイチャイチャできるライトノベル4選

スポンサーリンク
Uncategorized
スポンサーリンク

どうもみなさん、ハツユキです。

みなさんは、ヒロインとの距離感ってどう思いますか?

「もうお前ら早くくっつけよ!」って思ったり、「イチャイチャし過ぎでは……」など、作品によってヒロインとの距離感は変わると思うのでですが、

今回は、そんなヒロインとの距離感を意識したヒロインとのイチャイチャがたまらないラノベを紹介していきます!

スポンサーリンク

「キスなんてできないでしょ?」と挑発する生意気な幼馴染をわからせてやったら、予想以上にデレた

はい、分からせます。

「キスなんてできないでしょ?」と挑発されたら、まあ、やるしかないでしょう。

お互い両思いなのに、素直にならないヒロインとの微妙な距離感がいい。

幼なじみ属性もあるので、そういうのが好きな方にもオススメです。

スポンサーリンク

あのね、じつは、はじめてなんだ。 ゆるそうでうぶな彼女との初体験まで、あと87日

「じつは、はじめてなんだ」

なんだこのパワーワードは?

学校一モテるけど、実は童貞という秘密がある主人公と、学校一「ゆるい」と評判のヒロインとのお話。

でも実際はヒロインも『未体験』であり、噂に振り回されるウブな2人のラブコメです。

『初体験』は87日後。

是非、皆さんの目でお確かめください!

スポンサーリンク

天才女優の幼馴染と、キスシーンを演じることになった

キスシーンのためにヒロインとイチャイチャします(断言)

主人公はなんと高校生にして俳優で、努力家な役者さんです。

ある日、そんな主人公の前にヒロインが転向してくるのですが、実は幼馴染で大人気女優。

そんな2人がなんと、新作ドラマの主演に抜擢。

もちろん、ラブコメ要素もしっかりとあり、作品作りのために、休み時間やデートを重ねていくうちに距離感が急接近していきます。

スポンサーリンク

決して色褪せることのない夏の日々にボクは諦めきれない恋をした

主人公には誰にも言ったことのない、好きな人がいました。

それは、歳上の幼馴染のお姉さん。

しかも、一緒に暮らしていて、なんと自分の兄の恋人なのでした。

ずっと一緒にいた3人の時間。

それは、兄の死によって終わりを迎えます。

残された弟の自分。

残された兄の恋人であり、自分の好きな人。

この物語だからこそできる、2人の独特の距離感に目が離せません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました